読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロググ

こどもの病気や障害に負けない為にやっていることを発信中!

口唇口蓋裂治療の平均化

ここ数年で口唇口蓋裂の治療方法が確立され

どこの病院でもほぼ同等の治療が受けられるようになったそうです。

 

しかし、治療実績で歴史のある病院に患者さんが集まってくることには

変わりなく、人気の病院では待ち時間が長時間化したり、

診察予約が取りにくくなってしまったりしております。

 

我が家ではたまたま紹介された病院が口唇口蓋裂スペシャリストの

先生が居る病院だった為、毎回ほぼ1日かかって診察を受けております。

 

口唇口蓋裂の治療は20歳くらいまでの長期間の治療となるので

両親にとっても心配や、時間的な制約など何かと影響が出て来るのも確かです。

(もちろん全ての闘病中の子供を持つ親なら同じ心境でしょうが、私のブログでは

口唇口蓋裂に視点を置いておりますのでご了承下さい。)

 

治療方針や、手術の時期、心のケアなどで夫婦間でも良く話あって

おかないと喧嘩になったりもします。

 

そんな中でも一番の山場は、1回目の手術と骨移植手術だと思います。